Maximize
Minimize

水車のある乾いた池に住居を建て、地をよみがえらせ、その住居が農地で風車と周囲の農業建築とをつなぐものにさせることがまず最初の目的です。

水と一体化したこの建築は、深みがあり反射する波の形のスペースをつくりあげています。スペースの境界は、縦と横のラインが限りなく織り成す風景によってまわりの風景と溶け合い、また、自然の光は建築の直線的ラインを常に変え続け、いつも新しい輝きをもたらせます。.

Menu
Menu